スパイスアップ編集部について

AD


スパイスアップ編集部は、神奈川県横浜市青葉区とその周辺の「地域の編集部」。地元在住のデザイナーとライターの2人が、プロボノ(Pro bono)として2015年1月23日に設立しました。

Q. なぜ始めたの?

地元は十分に楽しく、見どころ満載。そんな事を少しでも感じてもらえたなら、定年を迎えたお父さんや最近めっきり出歩かなくなった年配の方が、何かを始めるキッカケになるんじゃないかと、地元を紹介する冊子づくりを考え始めたのが2014年夏。

それから地域の方々と話をしていくなかで、「この近隣の人にとっては大事でも、大手フリーペーパーが扱わない情報」があるんじゃないか?と思い、狭い区域の人たちが楽しめるフリーペーパーとして、2015年3月に「スパイスアップ」を創刊しました。

「スパイスアップ」は、英語の「spice up」(風味付けする、より豊かにする)から。「誰もが人生を楽しくするキッカケを地域で見つけて欲しい」という思いを込めた名前です。

地元なのに意外と知らないこと、多いと思いませんか?「フリーペーパー スパイスアップ」は、他のメディアには引っかからない、でもちょっと出かけたくなる、会いたくなる、自分の暮らしに加えたくなる ── そんな街や人のことを年4回(3月・6月・9月・12月の各20日)お届けする超狭小フリーペーパーです。
Q. フリーペーパーで扱うものは?

街のフリーペーパーと聞くと、イベントやグルメ、お得情報が載っているものをイメージするかもしれませんが、スパイスアップにはほとんど載っていません。メインは「地元の活動」です。地元の楽しい人・すごい人の活動とその思いを愉しくお届けします。「タウン誌」「地域情報紙」というよりも「地域活動情報紙」です。個人・行政・法人の主催を問わず、また区境にもこだわりません。

■読者の皆様からの声
「知らないことがたくさん載っていて毎回楽しみです」
「こういうフリーペーパーもあるんだなと思いました」
「シンプルな紙面で、こんな情報が欲しかった!と思えるお役立ち情報が、さりげなく、でもきちんと掲載されていて、コンセプトのあるフリーペーパーだと感じました!」
「身近な記事が載っていて、楽しくてためになる」
「紙もWEBも、デザインがスッキリして力があり温かく、素敵ですね!!」

フリーペーパースパイスアップは、「今」の地域に旬な活動を伝えるとともに、「未来」の世界では「地域の活動のアーカイブ」にもなりたい。今から30年後にスパイスアップを読んだ人が「へー、この時代に、街でこんな取り組みがあったんだ!」「そうそう、こんなことやってた人いたよねー」と、驚いたり懐かしんだりしてもらえればうれしいです。

Q. 編集部はどんなことをやっている?

3つの事業を柱に活動しています。
メディア事業:フリーペーパー「スパイスアップ」、および各種広報ツールの制作
文化事業:メディア事業を通じて得た地元の教室やお店、専門家、地方公共機関とのつながりを活用したスキルアップセミナーや交流イベントなどの開催
福祉事業:メディア事業による情報発信、文化事業による新たなつながり発掘を通じた、支援を必要とする人々と地域の新たなブリッジング

Q. オフィスはどこにあるの?

編集部としてのオフィスはありません。メンバーとパートナーそれぞれが自分の拠点を持ち、編集部で集まるときは地域のお店を利用。プライベートな場所ではなく「地域から見える場所」で活動することが大切と考えています。


著作権について

スパイスアップ編集部がインターネット上で提供するウェブサイト「スパイスアップ」(以下、当サイト)上の記事・写真・イラスト等(以下、コンテンツ)すべての著作権は、当部、およびまたはコンテンツ提供者に帰属します。
当部の正式な許可なく、当サイトの複写・複製・引用・転用・改ざん・配布等を禁じます。また、当サイトと誤解を受けるようなコンテンツの複写・複製・引用・転用・改ざん・配布等を禁じます。
著作権法第30条に規定する私的使用の範囲を超えるご使用の場合は、事前にお問い合わせフォームよりご連絡ください。


免責事項

スパイスアップ編集部は、インターネット上で提供するウェブサイト「スパイスアップ」(以下、当サイト)に細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
当部は予告なしに、当サイトに掲載されている情報を変更することがあります。
当部および当部パートナーは、お客様が当サイトに含まれる情報もしくは内容をご利用されたことで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。

AD



スパイスアップの新着を通知する