【特集:連】四季折々の食を仲間と愉しむ ─ あおばアカデミア 菜園倶楽部

地元を愉しんでいるダンディーなグループをご紹介。
第1回は、藤が丘の 「あおばアカデミア菜園倶楽部」 です。

スパイスアップ 2015年春号』 でもご紹介している 「あおばアカデミア」 には、
「菜園倶楽部」 というサブグループがあります。

── 仲間と共に四季を感じて野菜を育て、調理して頂く ──

これが、菜園倶楽部のモットー。
“食の歳時記” を仲間で愉しんでいるグループです。

3月14日に今年の菜園作業をスタートすると聞いて、藤が丘駅からてくてく20分、
谷本川(やもとがわ)近くの貸し農園 「ドミタス・ファーム」 へお邪魔しました。

F00101

編集部が到着した時はちょうど、ご実家が農家で菜園倶楽部では師匠役の
中嶋さんが耕運機をかけるところでした。

F00102

「土づくり作業なので地味ですよ。」と事前に言われていましたが、

確かに(笑)。でも皆さん、穏やかな雰囲気の中で熱心に作業されてます。
耕した後は、石灰・肥料を施して、4月の里芋植えに備えます。

この日は土づくりと並行して、葉物野菜もたくさん収穫しました。

F00105_

「しばらく放っておいたから、雑草がすごいや」

「私たちは雑草に負けない野菜に育ててるんですよ」

……なるほど。

F00105

どの野菜も、イキがよくておいしそうです。

「正月菜って珍しいでしょ。これが煮浸しにするとおいしいんです」
「ほうれん草の根っこに近いところ、ここに甘みが凝縮されてるんですよ」

F00106

「わー、食べてみたい!」という編集部の心の叫びが聞こえたのか、
「好きなだけ持って帰ってくださいよ」とうれしいお言葉。

F00104

水菜、ブロッコリー、大根など、次々と収穫した後は、
家から持ってきたホットティー片手に休憩。

収穫した野菜を囲み、みんなで話をするのもまた愉しいそうで。

F00108

菜園倶楽部のメンバーは10人くらいいるとのことですが、この日は4人が参加。

F00107
(写真左から:田中さん、麻多さん、中嶋さん、内木さん)

ご家族には、
「土が付いていたりして、スーパーの野菜より処理が大変」
「畑を借りて、育てて。買ってくるよりよっぽど高くつく」
と言われることもあるようですが (その気持ちも分かる)、
だって愉しいんですから。

夏は、枝豆を収穫してビールのおつまみに。
冬は、里芋を収穫して芋煮会に。

収穫した野菜は、藤が丘地区センターで調理して、
みんなで賑やかに食べるんだそうです。

F00110

ティータイムが終わったら後片付け。

野菜を洗ったり、ファームから借りた耕運機をきれいにしたり、
皆さん、テキパキ動きます。

F00109

そして編集部にも、お土産の野菜のたっぷり持たせてくれました。
取材に行ったんだか、採れたて野菜をもらいに行ったんだか……。

「季節はずれなので葉物ばかりですみません。
今度は夏野菜の収穫時期にぜひ来てください」

そんなぁー。また行きます!

そしてその夜は早速、正月菜で煮浸しを作っていただきました。

F00112

愉しさのおすそ分け。とってもおいしかったです。


<関連情報>
菜園倶楽部の皆さんが企画・運営している 「あおばアカデミア」 のイベントが4月18日に開催されます。
【イベント】春の歌声喫茶(あおばアカデミア)

柏木 由美子

柏木 由美子

かしわぎゆみこ(編集長) システムエンジニアを経て技術書籍や企業Webサイトの制作に従事。その後フリーランスに転向し、現在は兼業主婦としてIT企業を中心に取材・執筆を行う。地域活動として現在、通所介護(デイサービス)でのボランティアや、横浜市青葉区区民企画運営講座 「あおば川ガール森ガールになろう!」および定年退職後の地域参加をサポートする 「ボーイズクラブ」に参加。

Translate »