【ニュース】「多言語版おくすり手帳」で安心して暮らす

まちの広告


横浜市には9万人を超える外国人が暮らしています。日本語が分からない人、日本語は話せるけれど、日本語を読んだり、書いたりすることが苦手な人たちも多くいます。そのため、外国人の中にはアレルギーを持つ子供を病院に連れて行きたいけれど、言葉がよく分からないので、病院に行きづらいと思っている人や、地震や急に救急車が必要になった等、いざという時にどうしたらいいのか不安を抱えている人たちも大勢います。

このような言葉や文化の違いで毎日不安を抱えている外国人が安心して医療や防災のサービスを受けることができるよう、「あなたのおくすり手帳」を作成しました。

多言語語版おくすり手帳チラシ+FAQ付のサムネイル
クリックでPDFが開きます
(おくすり手帳に関するFAQ付き)

このおくすり手帳は、外国人からのご意見や、NPOや企業からの協賛金、個人からご寄付等、多くの人たちに支えられています。

おくすり手帳の使い方等のワークショップも行ないます。今後、他の言語のおくすり手帳も作製の予定です。

「わたしのおくすり手帳」は1人に1冊、いつも持っていてください。

●言語:英語・中国語・韓国語・やさしい日本語
●価格:1冊75円
●作製:多言語版おくすり手帳普及プロジェクト共生のまちづくりネットワークよこはま(株)大川印刷ジャパンハウジング(株)
*外国人が安心して医療や防災に対応できるよう、NPOと企業とで、一緒に外国人も使いやすい「おくすり手帳」を作製しています。

●お問い合わせ/購入先
多言語版おくすり手帳普及プロジェクト
横浜市中区高島2‐14‐12 ヨコハマジャスト2号館3F
(株)大川印刷内
TEL:045-441-2011  FAX:045-441-2014
e-mail:okusuri-pj@kyomachi-yokohama.org

The following two tabs change content below.
アバター

寄稿者(contributor)

地域で活動されている、スパイスアップWebへの寄稿者です。

地元のイベント・セミナー
  • 【3.6】横浜あおば小麦プロジェクト応援イベント「スパタコ」

    横浜市青葉区で栽培した小麦を使った地産地消プロジェクト「横浜あおば小麦プロジェクト」の応援イベントとして、当日は横浜あおば小麦を使ったたこ焼きのほか、熊本から届いた安納芋もご提供

  • 【2.21】『牧師といのちの崖』上映&加瀬澤充監督講演

    和歌山県の観光名所・三段壁で自殺志願者たちを救う活動を続けている牧師の藤藪庸一氏に密着したドキュメンタリーが、アートフォーラムあざみ野で上映されます。

  • 【2.29】長引くひきこもりと精神疾患

    こころの病気の第一人者である野末先生 が、わかりやすくお話をしてくださいます。

  • 【3.13】えだ福祉ホームを見に行こう(第8回ランチ付き見学会)

    3月13日(金)、NPO法人えだ福祉ホームが運営する「えだ福祉ホーム」と「キッチンわかば」の見学会を開催します。

  • 【3.2】里のengawa『おうちパン講座』季節の美弁当付き

    寺家ふるさと村にある『里のengawa』で、はじめてのおうちパン講座です!

  • 【3.8】「コンセントの向こう側」横浜初!上映会&トークライブ

    詩歌動画作成の後、監督トークライブがあります。


スパイスアップの新着を通知する