【直前レポート】「Treasure island -絵本展-」の前日準備風景

AD


横浜美術大学イラストレーションコースの学生が制作した絵本の展覧会「Treasure island -絵本展-」が、10月13日(金)から16日(月)まで、桜台の「Craft shop & Art Gallery ethnica -エスニカ-」で開催されます。

【Treasure island】横浜美術大学イラストレーションコースが桜台で絵本展を開催

「準備の様子はどんなかんじかな」と、前日のエスニカをのぞいてきました。


脚立に上がってライティングの最終確認をしているエスニカの田原雅さんと、学生の作品を壁に飾る横浜美術大学の准教授・宮崎詞美さん。着々と準備が進んでいます。

アシスタントの皆さんも、確認しながら絵本の原画やポスターを慎重に飾っていきます。

会場の中央には大きな椅子(ラグの部分)。ここに座ってじっくり絵本が読めます。

会場には、田原さんのおじいさま・松本かつぢ氏の『ふしぎの国のアリス』(ニジノ絵本屋)も置いてあります。原画が残っていたことから、50余年ぶりに先月発行されたばかり。当時の色をできるかぎり再現したのだそう。

なんとスパイスアップの記事まで飾ってありました!留学生の展示もあるとのことで、英語版も併記してくださって感激。

10月14日(土)・15日(日)の2日間は、横浜美術大学の学舎内で「芸術祭 ボクセル -ボクがミセル・ボクのセル-」も開催されます。今年のトークショーは南海キャンディーズのしずちゃん。

また、エスニカの向かいのオーダー家具店「ウッディハート」では10月17日(火)まで、プロダクトデザインコースの学生による「一枚の椅子展」も。立ち寄ってみると、すでに準備が終わっていました。

ハマビ学生の作品の数々をぜひ皆さんも見に行ってくださいね。

【Treasure island】横浜美術大学イラストレーションコースが桜台で絵本展を開催

The following two tabs change content below.
柏木由美子

柏木由美子

かしわぎゆみこ(編集長) システムエンジニアを経て技術書籍や企業Webサイトの制作に従事。その後フリーランスに転向し、現在は兼業主婦としてIT企業を中心に取材・執筆を行う。地域活動として現在、通所介護(デイサービス)でのボランティアや、身近な自然をフィールドとしたイベントを企画運営する「かわもりあおば」、および定年退職後の地域参加をサポートする 「ボーイズクラブ」に参加。
AD



スパイスアップの新着を通知する