【0さいから3さいの、外遊びのいっぽ】(3)お世話して、されて

AD


気づくと、
2人が向き合って、立っていました。

ひとりは、3歳なりたての年少さん。
春にひとつ進級したとたん、
「もう大人になった」
と、はりきっているそう。

もうひとりは、もうすぐ3歳の小さい子ぐみ。
ほんの2ヵ月しか違わないのに、
着替えを手伝い始めていることが
わかりました。

オムツまで変えてあげて、
ほんとにすっかり大人きぶん。

される子も、
ほんものの大人に言われるよりも
おなじ子どもに言われる方が
すなおに聞くことが多いんです。

お世話する子も、される子も、
うれしいんだね。
ごっこ遊びの延長のような楽しさが
きっとあるんだね。

5分ちかくかかって
2人だけで着替えが終わると、
リュックも探してあげて、
「こっちだよ」とお弁当を誘う。

お弁当のフタまで
開けてあげようとしたら、

おっと、食べられちゃうと
ちょっと勘違いされたみたい。

「食べよっか」

誘われた子が、
支度を終えたら
今度は逆に誘っていました。


友だちは、
近くにいるだけで、
ただそれだけで、楽しい。

*   *   *


 


「外遊びって、どうしたらいいですか」
そう聞かれることが増えてきて、

ぺんぺんぐさで一昨年作った
リーフレットです。

むずかしいことはないですよ。

子育ては、
ひとりじゃ苦行になりがちだけど、
いっしょに誰かがそばにいれば、
思わぬ世界が広がるもの。

それは外遊びもおなじです。

できれば
同じくらいの年の子と過ごして、
じっとそばで見つめていれば、

子どもたちが
どんどん遊びをつくり出します。

そんな様子をお伝えしたくて、
「スパイスアップ」さんも連携してくださって、
あたらしい連載をはじめます。

この街に、
子どもたちの歓声が広がりますように。

 


 

(クリックで拡大)


「あそぼう会」はどなたでもどうぞ!
生後8ヶ月頃から楽しめますよ^^

次回は8月26日(月)(基本的に第3木曜日です)

水が楽しい季節になりました。

暑い日も、木陰は過ごしやすく、
お日さまと
心地よい風をかんじて、
たっぷり遊びませんか?

夏にたのしく遊ぶコツもお伝えしますよ。

詳しくは、こちら

The following two tabs change content below.
土井三恵子

土井三恵子

どいみえこ(NPO法人青空保育ぺんぺんぐさ 保育士/共同代表) 10年の田舎暮らしと2人の出産を経て、療育センター・里山保育を行う保育園を経験、そして横浜市青葉区のお母さんと青空保育を立ち上げ、8年目。現在保育スタッフ4人と親子20組でにぎやかにすごし、野山で土や水や草や虫と子どもたちとたわむれ、日々小さな発見に胸を躍らせる(ザリガニを見つけると急に真剣になって子どもと張り合ってしまう面も……)。保育士、幼稚園教諭免許、小学校教員免許、中学・高等学校理科教員免許。
AD



スパイスアップの新着を通知する