NEO童謡バンド「スーパーヒーローズ」誕生!

横浜市青葉区から世界へ!100年後の新しい童謡への進化の架け橋になるべく、NEO童謡バンド「スーパーヒーローズ」が結成されました。

1918年7月、『赤い鳥』の創刊を契機に始まった童謡が、今年101年を迎えようとしています。 赤い鳥は、第一次世界大戦のさなかにありながら「子供に良いものを与えたい」 と考えた小説家・児童文学者の鈴木三重吉氏が創刊した児童雑誌です。

創刊号には 芥川龍之介、有島武郎、泉鏡花、北原白秋、高浜虚子、徳田秋声らが賛同の意を表明し、 その後、菊池寛、西條八十、谷崎潤一郎、三木露風らも作品を寄稿。日本の近代児童文学・児童音楽の創世期に最も重要な影響を与えました。

その創刊から101年を経て、鈴木氏の想いに共感した現代のプロミュージシャンが「NEO童謡」という新しいジャンルを開拓。「スーパーヒーローズ」を結成し、童謡を後世に伝える活動を始動しました。

そのお披露目となったのが、2019年3月30日に開催されたたまプラーザの桜まつりです。


今度はどんな童謡をNEO童謡にしてくれるのか♪ スーパーヒーローズの今後の活動から目が離せません。

<参考>
一般社団法人日本童謡協会
Wikipedia「赤い鳥」
 


スパイスアップの新着を通知する