【レポート】ファールニエンテ見学会 – 障害者就労勉強会スピンオフ

2019年2月2日(土)、社会福祉法人開く会の就労継続A型事業・就労継続B型事業の「ファールニエンテ」の見学会を開催しました。これは、1月19日に開催された「第2回パパママのための障害者就労勉強会」で同会の常務理事・共働舎施設長の萩原達也さんからお話をうかがい、実際に見てみよう!と企画したものです。

●勉強会のレポートはこちら。

【レポート】第2回パパママのための障害者就労勉強会

勉強会当日の限定受付にもかかわらず、30人近い参加者となりました。

横浜市営地下鉄下飯田駅から道をはさんですぐのところにある小麦畑の石窯食堂「ファールニエンテ」。素敵な外観が目を引きます。

席に着くと、あらかじめオーダーしておいたサラダとパスタ、ピザが次々と出てきました。野菜や小麦は障害者の手によってつくられています。

どれもおいしい♪ しかも、こちらのピザを ──

平らげると、かわいいキリンの絵が現れました。

ファールニエンテでは、共働舎の陶芸部門でつくった作品をピザ皿にしています。絵は、利用者さんの手描きなので、一枚一枚絵柄が違います。横浜駅の商業施設に入っているイタリアンでも使われているそうです。

そしてピザは、こちらの石窯で利用者さんが焼いています。ファールニエンテが作業所だと知らないで食事に来ている人もきっと多いことでしょうね。

ファールニエンテでお腹を満たした後は、萩原さんが敷地内を案内してくださいました。最初に向かったのは温室です。

100坪の広さで、年間に約40000鉢を生産しているそうです。

そして野菜畑。ちょうど見学しているときも、採れたて野菜がファールニエンテへ運ばれていました。

この他、近隣の麦畑も見学させていただきました。

下の写真はファールニエンテの前の庭です。クラウドファンディングによってつくられたコミュニティガーデンです。

店内がランチ時で混んでいたので(まさしく、行列のできるレストランでした!)、席が空くのを待つ人たちがいました。皆さん、この庭でのんびりと待っていました。

参加した方々は「また食べに来たい」とおっしゃり、パンや野菜をお土産に買って帰っていました。

私たちは、こうした見学会も、勉強会と合わせて行なっていければと考えています。


今後の予定については、勉強会の参加者で「情報を希望する」とした方々へはメールでお知らせします。参加していない方でご希望の方は、下記よりご登録ください
(study●spiceupaoba.net [●をアットマークに置き換え] からのメールを受信できる状態にしてください)。

※収集した個人情報はスパイスアップ編集部が管理し、メールマガジン配信以外の目的に使用することはありません。

障害者就労勉強会メールマガジン

* 入力必須



Powered by MailChimp



スパイスアップの新着を通知する