【レポート】日体大FIELDS横浜、なでしこリーグ開幕記者会見で抱負を語る

【レポート】日体大FIELDS横浜、なでしこリーグ開幕記者会見で抱負を語る

3月12日(月)、2018 プレナスなでしこリーグ・プレナスチャレンジリーグ開幕記者会見がJFAハウス(東京都文京区)で開催され、日体大FIELDS横浜 からは小嶺栄二監督と嶋田千秋選手が出席し、今シーズンの戦いに向けた抱負を語りました。

なでしこリーグ1部の全10チームの監督とキャプテンが勢ぞろい

リーグ1部へ初挑戦する今の気持ちを聞かれた嶋田選手は、「このチームで目指してきた舞台なのでワクワクしている。私たちはチャレンジするのみ」と回答。抱負として「毎試合厳しい戦いになると思うが、大好きなサッカーをみんなで楽しみたい」と語りました。

また、今季から就任した小嶺監督は「私も日体大のOBで、チームも学生とOGで構成されている。強く、逞しく、美しくをモットーに、最高の舞台で全力で暴れたい」と話しました。リーグ1部での戦いに向けた手ごたえについては、「1部は個人のレベルが高い。我々は個では劣る分、チームとしてしっかりと戦っていきたい。去年からのサッカーをベースに、その質を上げていければ」と回答。その口ぶりから、準備は着々と進んでいる?

初戦を戦うINACレオネッサ神戸のキャプテン中島依美選手(左)とポーズをとる嶋田選手

さあ、いよいよ2018シーズンは3月21日(祝)開幕。日体大FIELDS横浜は、アウェイでINAC神戸レオネッサと戦います。11月3日(土)の第18節まで、ホームタウンあげて熱く応援しましょう!

なお、本記者会見でリーグから2つの発表がありました。1つは「プレナスなでしこガールズサッカークリニック」。これは、リーグのトップパートナーである株式会社プレナスとともに、一人でも多くの子供たちがサッカーに触れ、スポーツと食の楽しさを体感してもらうことを目的に開催するものです。サッカーが大好きなガールズはお楽しみに。

選手だけでの記念写真。嶋田選手の日体大ブルーが映えます

もう1つは試合のLIVE配信です。サッカー専門のインターネット動画配信会社であるオランダのmycujoo(マイクージュー)社とのパートナー契約により、年間70試合がリーグのホームページでLIVE配信されることに!日体大FIELDS横浜の試合は、リーグ前半の9試合中5試合!どうしても会場へ行けない方は、ぜひこちらの配信で応援を。

(参考)2018プレナスなでしこリーグ1部 LIVE配信予定試合のおしらせ
http://www.nadeshikoleague.jp/news/2018/0315_1424.html

日本女子サッカーリーグは今年30周年。節目の年に、日体大FIELDS横浜がリーグ1部でどんな戦いを見せてくれるのか、大いに期待しましょう。

就任からまだ一か月。小嶺監督も選手たちと積極的にコミュニケーションをとっているそう

 
こちらも注目!日体大FIELDS横浜の応援バスツアー決行!

【参加者特典付き】応援バスツアーで日体大FIELDS横浜の試合へ行こう!

柏木 由美子

かしわぎゆみこ(編集長)
システムエンジニアを経て技術書籍や企業Webサイトの制作に従事。その後フリーランスに転向し、現在は兼業主婦としてIT企業を中心に取材・執筆を行う。地域活動として現在、通所介護(デイサービス)でのボランティアや、身近な自然をフィールドとしたイベントを企画運営する「かわもりあおば」、および定年退職後の地域参加をサポートする 「ボーイズクラブ」に参加。


スパイスアップの新着を通知する