【ミニレポート】聖夜のバロック音楽 2017

バロック音楽(古楽)の演奏家によるクリスマスコンサートが2017年12月22日、アートフォーラムあざみ野で開催されました。

会場は、天井の高いレクチャールーム。

最前列に座った観客が「まるで自分のために演奏してくれてるみたいだ」と喜んでいましたが、まさに。こんなに間近で「古楽器」の演奏を楽しめるのは貴重です。

現在オーケストラ等で使われているヴァイオリンの弦は糸状の金属を巻き付けているのに対して、バロック・ヴァイオリンは羊の腸のみ。その分音量では負けますが、だからこそこのくらいの小規模なコンサートにぴったりです。やわらかい音色が心地良かったです。他にも、今回のコンサートではバロック・オーボエ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、リコーダー、フラウト・トラヴェルソ、チェンバロが登場しました。

全6曲は、オーボエ協奏曲やリコーダー協奏曲など、1つの楽器がメインとなる曲を織り交ぜ、その楽器の音色を満喫できる構成。リコーダーは日本の学校で誰もが習う楽器ですが、楓でできたリコーダーの音色に新鮮な驚き。加えて、リコーダー協奏曲での超絶な速弾き(速吹き?)に、イメージが丸っきり変わりました(笑)。

出演者の皆さん、素敵な夜の時間をありがとうございました。


クラングレーデのコンサート情報は、クラングレーデ コンサート事務局ブログ でどうぞ。

今回、コンサートプログラムにスパイスアップの最新号を挟ませていただきました。

ジモトでこうした音楽会を気軽に楽しめるなんてほんと幸せです。日常の一部になっていくといいなと思うし、スパイスアップも応援していきたいです。

告知をご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

Happy Christmas!

<参考>

【聖夜のバロック音楽 2017】古楽器の音色を楽しむクリスマスコンサート

柏木 由美子

柏木 由美子

かしわぎゆみこ(編集長) システムエンジニアを経て技術書籍や企業Webサイトの制作に従事。その後フリーランスに転向し、現在は兼業主婦としてIT企業を中心に取材・執筆を行う。地域活動として現在、通所介護(デイサービス)でのボランティアや、身近な自然をフィールドとしたイベントを企画運営する「かわもりあおば」、および定年退職後の地域参加をサポートする 「ボーイズクラブ」に参加。

Translate »