なでしこリーグ2部には、年間順位を争うリーグ戦の他に、カップ戦の「なでしこリーグカップ2部」があり、日体大FIELDS横浜 はただ今、このリーグカップ戦の真っ最中。

嶋田千秋キャプテンを先頭に、選手入場
Photo by のざき かつや

第6節(7月9日(日))の「コノミヤ・スペランツァ大阪高槻」戦、第7節(7月17日(日))の「オルカ鴨川FC」戦は、今期なでしこリーグデビューの選手4人を含むフレッシュなメンバーで挑みました。

コノミヤ・スペランツァ大阪高槻戦で、2得点を決めたFW11植村祥子選手
Photo by のざき かつや

試合が行なわれたのは、日産スタジアムの補助競技場である 日産フィールド小机(横浜市港北区)。ここのグランドは、気持ちのいい風がよく吹きます。

新横浜公園の中にある日産フィールド小机

それもホームで戦う日体大FIELD横浜の追い風になり、2試合とも「3-0」と「2-0」で快勝。リーグカップAグループの首位キープです。

Photo by のざき かつや

さて、サッカー場での観戦には、試合以外にも楽しみがあります。それは、ジモト青葉台の美味しい食べ物がそろったスタジアムグルメ、チームのオリジナルグッズ販売、そして選手たちとの交流です。

グッズ販売ベスト3をご紹介しますね。3位は文房具(ノート、ペンシルなど)、2位はタオル(応援用)、1位はガチャポン(選手のキーホルダー、1回300円)です。

Photo by のざき かつや

その隣のブースでは、オフィシャルサポーターズクラブ の入会手続きも行なっています。入会すると、ユニフォームデザインのTシャツ(非売品)と、スタンプラリー付きの会員カードがもらえます。

Photo by のざき かつや

毎試合、応援席ではユニフォームを着たファン、サポーターが熱い声援を送っています。念願の1部昇格の瞬間は、応援席を青ユニフォームで埋め尽くしたいですね!

日体大FIELD横浜では、こうしたグッズ販売に加え、試合会場の運営も選手たちで行なっています。これがこのクラブの特色の一つでもあります。

Photo by のざき かつや

選手達は試合後、サインにも気軽に応じていますし、話しもできますよ。

次回は、スタジアムグルメを中心に紹介していきます!
 

←バックナンバー
○日体大FIELDS横浜の試合を観戦しよう!

試合スケジュールは公式サイトでチェック。
http://www.nittaidai-fc.com/ladies

○ユース・ジュニアユースのチームでプレーしよう!

練習場は日本体育大学横浜健志台キャンパスサッカー場(横浜市青葉区鴨志田町)です。
http://www.nittaidai-fc.com/ladies/youth


スパイスアップの新着を通知する



住永 光代

住永 光代

すみながみつよ(ライター) 東京熊本県人会事務局勤務。熊本県熊本市出身。主人、子供3人の5人家族。5年前、1番下の次女のサッカー留学で2人で上京。娘の大学進学に合わせて2年前に長津田に引っ越す。昨年の熊本地震により、仕事も支援活動が主になる。日体大FIELDS横浜のファン歴2年。1部昇格に向けて地元青葉区の皆さんと盛り上げ、応援して、歴史的瞬間を分かち合いたい。

Translate »