【レポート】子供たちが“仕事”について考えるきっかけに ~ナイズ主催「Find My Future」

教育コンテンツを手掛ける 株式会社ナイズ(横浜市都筑区中川)は、2017年5月27日(土)、小中高生が若手社会人と語り合うカルチャーイベント「Find My Future(ファインド・マイ・ヒューチャー)」を開催しました。

今回のイベントは、学んだことを次の世代に伝える「教育の連鎖」を通じた社会貢献を目指す慶應義塾大学 福澤諭吉記念文明塾(以下、文明塾) の修了生と、ナイズのコラボレートによるもので、学力テストなどとはまた違った形で子供たちが自分の未来について考える3時間となりました。子供たちは、文明塾の皆さんのグループワーク・プログラムに触れることで、大人たちと「会話」しながら、自分が仕事をしている姿を具体的に想像できたようです。

仕事ってなんだろう? を素直に大人にきいてみる

今回のイベントには小学6年生から高校3年生までの子供たちが参加しました。3つのグループに分かれて、それぞれのグループでお話をする大人は、絵本の編集者、IT企業の人事責任者、国際会計士。そして司会進行を務めたのは 4月から商社のIT推進部に務める社会人1年生。皆さん、文明塾の修了生です。

それぞれのグループでは、大人がまず自己紹介(仕事についてだけでなく、趣味や子供の頃の話までも!)をして、それを受けて子供が質問し、「○○さんの履歴書」シートにまとめていきます。そして大人が隣りのグループに巡回する方式で次々と入れ替わり、この日は3巡しました。まさにインタビューの基本のような体験を通して、大人の世界(社会)に触れていきます。

自己紹介の内容は、仕事についてだけでなく、学生時代、夢、プライベートなども

どのグループも、最初は緊張していて型通りに進行しますが、文明塾の皆さんが話し上手・聞き上手で、子供たちの関心を無理なく引き出していきます。事前に用意された資料も、子供たちの仕事に対する理解をより一層深めていました。その上、巡回させるというところもポイントなのでしょうか。3巡目には子供も慣れてきて「お金を数えるだけなんて楽しいですか?」のような突っ込んだ質問を積極的にするようになったり、聞きながらメモを取るタイミングもまるで記者のようで、たくましい限り。

それぞれの会社がどのように利益を上げているかを図で紹介

小さい頃に好きだったことが仕事に繋がっている大人もいれば、好きではなかったのに今、楽しく仕事をしているという大人の話に、子供たちは聞き耳を立てています。

「こういう仕事は自分では考えたこともなかったな」と気付いたり、「あれ?これって好きな事につながっているかも」みたいな思いが芽生えたりすることは大切かもしれません。また、会社といっても、様々な人とのつながり方があって、それぞれの方法で利益を生んでいることも知ることができました。こういった子供へのサポートを身近な地元の街で受けられる今回のイベントは、子供の成長にとって大切な「きっかけ」を与えてくれたのではないでしょうか。

最後には、「私の行動宣言」シートに「明日からの自分」を書き出し、あっという間の3時間。先生でも親でもなく、自分たちより少し年上の社会人という親近感もこのイベントのポイントでしょう。今、ただでさえ素直に大人と話す機会が失われている気がしますので、このように様々な仕事について聞いたり質問したりできる場は貴重だといえます。

子供って、ちょっとした「きっかけ」でググンと成長するものですから、次の機会があればぜひとも参加をお勧めしたいところです。終了後に行なったアンケートでは「自分の知らなかった職業について知ることができた」「普段質問できないようなことも聞くことができた」といった感想が寄せられ、子供たちにとって充実した時間であったことがうかがえました。

子供たちの大人への道のりに手を差し伸べる

ナイズは、「テストを通じて子供たちの成長をサポートする」をテーマに、全国各地の模擬試験の運営をサポートする会社です。塾や学校へ、テスト問題の制作から採点、成績処理サービスまでをワンストップで提供しています。今年2月には、新横浜、あざみ野と分かれていた拠点を横浜市営地下鉄中川駅すぐそばの新オフィスに集約。新生ナイズとしての第一歩を踏み出しましたばかりです。

業務部・室長の藤島一広氏は「地域の方々と同じ目線に立って、ナイズをもっと身近な存在にしていきたい」という思いから、移転と同時に「Study Labo @NAKAGAWA(スタディラボ中川)」を立ち上げ、ナイズ初の試みとなる本イベント「Find My Future」を開催しました。スタディラボ中川では今後も、学校で行なわれる職業体験などとはまた違った形で、子供たちの大人への道のりに手を差し伸べていくそうです。

なお、ナイズの代表取締役・谷村紀嗣さんは、実は「フリーペーパースパイスアップ 2016年秋号」の紙面に登場しています。経営のヒントはボディビルにあり!?といったテーマで、ご自身の趣味で全国優勝経験のあるボディビルにフォーカス。ドドーンとその筋肉美の写真も掲載されていますのでバックナンバーを見かけた方はぜひお読みください。また、ネットでも下記ページの「デジタルブックで見る」から閲覧できます。
■フリーペーパースパイスアップ 2016年秋号 https://spiceupaoba.net/?p=2937 

「Find My Future」
対 象:小学校6年生から高校3年生
参加費:1,000円(税込)
会 場:横浜市都筑区中川1-20-1 サファーレ中川2F 株式会社ナイズ本社内「Study Labo @NAKAGAWA」

今後の開催予定などについてはStudyLaboブログもしくはナイズHPをご確認ください。
→StudyLaboブログ http://nais-test.jp/studylabo/
→ナイズHP http://nais-test.jp/

和田 良太

和田 良太

わだりょうた(GMTエディター&ライター(GMT=地元))横浜市青葉区在住50年。22年の雑誌編集・Web編集の経験を地元に還元すべく編集・執筆などをサポート。地元の成長・発展・紆余曲折ぶり諸々を体感している事情通ゆえ、地元の未来についても関心高め。 また、このエリア育ちのロック偏差値が実は高い(持論!)ことにも注目している音楽好きでもある。 Twitter: @wondergoodman

Translate »