【アラサーおかん☆のり子 03 】これえーやん♡ ─ 元気の出るパン屋さん、ラ・ブリランテ

chumoku寒くなってきましたね~。
寒くなると、食べたくなるのが、「551の豚まん」って思うところが大阪人やなぁって我ながら思う、冬のおかん☆のり子です。

今日は、おかんとちびノリがよく遊びに行く、奈良地区センターの裏にあるパン屋さんを紹介するで(^^)


奈良地区センターからの帰り道。
「今日も裏道から帰るで~」
なんでかって?
そう、目的は、我が家の大好きなパン屋さん、ラ・ブリランテに立ち寄るため。

ラ・ブリランテは、奈良保育園のすぐ近くの住宅地に並ぶ、一軒家。
のぼりが出ている時は営業してるねん。

okan0302

今日は朝イチで来てみたで~。
わぁ~、もうお店の周りはパンが焼ける香りに包まれてる♡

okan0309

扉を開けると、焼きたてのパンがズラリとお出迎え。あーもう幸せやわ♡
何をいただこうかといつも迷っちゃうねん。
いつもは昼過ぎに来るねんけど、ほとんど売り切れちゃってる日もあって。
聞くところによると、常連さんもいっぱいおって、電話予約してわざわざ遠くから買いに来るお客さんもいるそう。
それくらいの人気店やねんで〜!

okan0303

今日は、チビのりと、4つのパンをランチにいただくことにした。
左から、外はカリカリ生地、中にはマロンクリームがたっぷり入った「くりくり」、しっとり生地に包まれたカボチャ餡たっぷりの「カボチャチャ」、奥にあるのは、スパイシーチキンとゴマを和えたレンコン入りの「四代目あぶりらんてバーガー」、そして一番右は、子供が大好きなポテトサラダとチーズがたっぷり入った「ポテチー」。どれも、とってもホクホクで、美味しくて、2人でペロリ♪(^^♪

素材の味を生かし、砂糖や塩分、油分も控えめにすることにこだわってるそうで、味がしつこくなくて飽きがこないんよね。子供に食べさせるのも安心。
実はパンが苦手なチビのりも、ここのパンは大好物なんよね~。バクバク(^^;;

okan0310

しかも、美味しいだけじゃないねん。
どれも、100~140円ほどで、お財布にも優しいところがまた嬉しい!
マイバッグを持って行くと、スコーンのプレゼントをもらえるんよ(*^^*)

okan0306

おかんは、お持ち帰りすることが多いけど、店内にはイートインスペースもあり、コーヒーを飲みながらゆっくりパンをいただけるねん。

テーブルの横には、キッズスペースも設けられてるから、食べ終わった子供たちも飽きずに、ママたちもゆっくりおしゃべりできる。子供向けのスペースがあるのって、ママたちにはほんまありがたいよね~。

okan0308

しかも、コーヒー、紅茶は、たったの300円で、おかわりも自由!
焼き立てパンを食べたい人のために、オーブンも自由に使えるようになってるねんで。
心温まる行き届いた心遣いが、とっても居心地良くて、ランチからおやつタイムまで、ついつい長居しちゃいそうやわ。

okan0304

大人気の食パンは、毎日12時過ぎに焼き上がるんやけど、14時くらいに行くと、もう売り切れてることがほとんど。
プレーン、クルミ、レーズンの3種類のブレッド(190円)どれも大人気やから、電話予約しておくのがオススメ!!
フワフワもっちりで、そのまま食べても、焼いて食べても、ほんま美味しいねんで♡

okan0305

オカンが虜になってる、このパン屋さん。実は、近くにある 「社会福祉法人試行会」 の作業所として、オープンしたそう。
「障害者の作業所というイメージを超え、地域の人達から愛されるパン屋さんにしたいんです」と語るのは、ラ・ブリランテの代表、佐藤さん。

「まだまだ、障害者に対する偏見や、向けられる目線は厳しい世の中だけど、一人ひとりの思いを込めて作ったパンを提供し、お客様に喜んでいただくことで、垣根をなくしていきたい」

「初めてパンが完売した時は、みんなでバンザイをして喜びました。難しいこともたくさんあるけれど、みんなで力を合わせて作ったパンをお客様に喜んでいただくことが、みんなの活力になっています」

そんな佐藤さん率いるチームだからこそ、優しい味の、心にも身体にも美味しいパンができるんやろうね。
小さな子連れ世代からお年寄り世代、障害者も外国人も、みーんな垣根を飛び越えて、住みやすい地域にしたい!と常々願っているおかんには、佐藤さんのお話は目頭が熱くなるものやったわ。

チビのりにも、色んな人と関わって成長して欲しい!と改めて思った瞬間やった。
“ブリランテ”って、イタリア語で「輝く」「明るく」っていう意味やねんて。
確かに、初めて扉を開けた時から、お店の雰囲気もそこにいる人たちもキラキラしてたな~☆(*^^*)☆

okan0307

そんな大人気のラ・ブリランテのパンは、お店でしか買えないけど、時々地域のお祭りにも出店してるで。
電話予約して、希望のパンの種類や個数を伝えると、可能な限り作ってくれるそうやで~。

お店の帰り道。
ラ・ブリランテのメンバーたちが笑顔でゴミ拾いをしてたんよ。
地域に色んな形でもっともっと貢献していきたいんやって~。
地域をブリランテ(明るく)してくれる、そんなパン屋さんになっていくといいな~☆

今日買ったパン以外にも、我が家のおとんの大好物、丸ごとリンゴパンや、冷やして美味しいメロンパンまで(どちらも大人気で売り切れてた)、色んな種類があるんやで(^^)
寒い季節やからこそ、心も身体も温まるラ・ブリランテのパンを、みんなにも、ぜひ食べて、元気になって欲しいなぁ(*^^*)

[これえーやん♡ 03]
元気の出るパン屋さん、ラ・ブリランテ

横浜市青葉区奈良町1843-17
http://www.shikoukai.jp/aoba/02.html

アラサーおかん☆のり子の「これえーやん♡」バックナンバー

秋山紀子

秋山紀子

あきやまのりこ(ライター) 大阪生まれ大阪育ち。小学校、特別支援学校の講師、音楽療法士としての活動経験あり。2014年に青葉区へ引っ越し、現在は一児の母として育児奮闘中。まちづくりに関心があり、「街の家族」において広報、企画に参加。子育て世帯に優しいまちづくりを目指している。

Translate »