地元サクソフォン奏者・髙橋龍之介さんデビューリサイタル

横浜市出身のサクソフォン奏者、髙橋龍之介さんのデビューリサイタルが、5月24日(金)19:15からフィリアホールで行なわれます。

龍之介さんは、昭和音楽大学を首席で卒業するなど数々の経歴を持ち、近年では東京芸術劇場による演奏家育成プロジェクト“芸劇ウインドオーケストラアカデミー”の第3期生としても研鑽を積んできました。

<高橋龍之介プロフィール>
神奈川県出身。昭和音楽大学音楽学部器楽科演奏家コースを特別賞を得て首席で卒業。翌年同大学研究科を修了。
在学中、同大学コンチェルト定期演奏会にソリストとして推薦される。
卒業演奏会、読売新聞社主催第84回読売新人演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会、NHK-FM ヨコハマ、インターネットラジオ「OTTAVA」などにも出演。
浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバルを受講。講師推薦によるプレミアムコンサートに出演。
日本サクソフォン協会主催第12回ジュニア・サクソフォンコンクール3位入賞。
第27回江戸川区新人演奏会オーディションに合格しコンサートに出演。
第25回大仙市大曲新人音楽祭コンクールにて優秀賞、並びにグランプリを受賞し受賞者記念演奏会に出演。
第20回松方ホール音楽賞本選出場。
第6回秋吉台音楽コンクール、サクソフォン部門入選。
これまでにサクソフォンを河西麻希、池上政人、福本信太郎、有村純親の各氏に、室内楽を有村純親、榮村正吾、松原孝政、福本信太郎、大森義基、武藤賢一郎の各氏に師事。
Christian Wirth、Miha Rogina、ハバネラ・サクソフォン四重奏団のマスタークラスを受講。
現在はソロ、室内楽、在京オーケストラ、吹奏楽等で演奏活動をするほか、東京芸術劇場による演奏家育成プロジェクト“芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー”の第3期生として研鑽を積む。

そしていよいよ今回は、髙橋さんにとってのデビューリサイタル!国内外で活躍中の羽石道代氏を迎え、ドビュッシーなどのフランス音楽を中心に演奏します。

・ラプソディー/クロード・ドビュッシー
・フォーレの名による子守唄/モーリス・ラヴェル
・組曲「ドリー」 作品56/ガブリエル・フォーレ
・プレリュード、カデンツァとフィナーレ/アルフレッド・デザンクロ
・ヴィオラ・ソナタ 作品11-4/パウル・ヒンデミット

「生まれ育った青葉区で開催できることを本当に嬉しく思います。サクソフォンを手にして15年が経った今、このリサイタルを通じてより多くの人にクラシックというジャンルのサクソフォンの魅力を伝えたいです。演奏家としてはまだまだ駆け出しですが、これを通過点とし青葉区から世界へと羽ばたいていきたいです」(髙橋さん)

「若手育成プログラム」としてフィリアホールも応援している注目のアーティストです。 クラシックの中のサクソフォンの魅力を、髙橋さんの熱い思いとともに体験してみませんか?

●チケットのお申込み・お問い合わせ
フィリアホールチケットセンター
045-982-9999 取扱時間 11:00-18:00
http://www.philiahall.com/ (24時間オンライン予約)

スパイスアップの新着を通知する