【Treasure island】横浜美術大学イラストレーションコースが桜台で絵本展を開催

横浜美術大学イラストレーションコースの学生が制作した絵本の展覧会「Treasure island -絵本展-」が、10月13日(金)から16日(月)まで、桜台の「Craft shop & Art Gallery ethnica -エスニカ-」で開催されます。本展覧会が地域の商店街で開催されるのは初めてです。


横浜美術大学イラストレーションコースは、イラストレーションの可能性を探る媒体として絵本の制作に取り組んでいます。これまで、老人福祉施設や小中学校への貸し出し、研究成果としての大学ギャラリー展覧会を行なってきましたが、地域の商店街を会場にした展覧会は初となります。

会期中は、過去10年間に学生が制作した約100作品(手作りではなく、印刷会社で製本したもの)を、エスニカのアンティークコレクションの中に展示。大人も子供も、自由に手に取って絵本の世界を楽しめます。

企画、イラストレーション制作、エディトリアルデザイン、造本まで全て学生の手で行なって制作した絵本を、教育や社会への還元を目的に研究室でデータを整理・保持、印刷製本保存し、将来様々なアプローチからの研究資料となり次世代を育む礎となることを願っています。在学生の新作も展示します。この瑞々しい「絵本展」から宝物を見つけてください。
(公式ページより)

エスニカのオーナーの田原雅さんと言えば、「フリーペーパー スパイスアップ 2015年秋号/Vol.3」でもご紹介したように、おじいさまは昭和を代表する少女漫画・叙情画の作家 松本かつぢ 氏。今回の展覧会の企画に田原さんも協力し、絵本展に合わせてギャラリー内に白い壁を用意されたそうですよ。お店と学生の作品のコラボレーションを、ぜひご覧になってください。

エスニカの向かい側のオーダー家具店「ウッディハート」では10月13日(金)~17日(火)まで、横浜美術大学プロダクトデザインコースの学生による「一枚の椅子展」が開催されます。

また、10月14日(土)・15(日)には、鴨志田の横浜美術大学学舎で「芸術祭 ボクセル」も開催されます。あわせてどうぞ。

横浜美術大学イラストレーションコース Treasure island 絵本展

■会 期:2017年10月13日(金)~2017年10月16日(月)
■時 間:10:00~19:00(最終日 13:00まで)
■会 場:Craft shop & Art Gallery ethnica -エスニカ-(横浜市青葉区桜台25-1 桜台ビレッジ 1F)
     (青葉台駅から徒歩12分)     
■主 催:横浜美術大学イラストレーションコース
■関連サイト:http://www.yokohama-art.ac.jp/event/2017/20170914_01.html
【直前レポート】「Treasure island -絵本展-」の前日準備
(ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム・beyond2020プログラム認証事業)


スパイスアップの新着を通知する