日体大FIELDS横浜の選手たちへ、スタジアムで熱い声援を送りましょう!

試合:2018プレナスなでしこリーグ1部 第14節
対戦:日テレ・ベレーザ
日時:10月8日(月・祝)13:00 KICK OFF
会場神奈川県立保土ケ谷公園サッカー場
入場:11:30
入場料ほか詳細:参照 日体大FIELDS横浜 なでしこリーグ 第14節 試合予定(Home)のお知らせ


<保土ケ谷区感謝DAY>

保土ケ谷区に在住・在学・在勤の方は入場無料!証明できる物をチケット引換所までご持参ください。

■日体大FIELDS横浜マッチデープログラム vol.11

先着1,000名様に無料配布します。

■日体大スティックバルーン

日体大ブルーの応援スティックバルーンを先着1,000名様に無料配布します。

■スタジアムグルメ

ホームタウン(横浜市青葉区)から出店!
コマデリ
・日体大FIELDS BALL(クラブメンバーが田植え稲刈したお米使用)
・あおば野菜カレーパン
●北嶋牛乳店
・各種ソフトドリンク

■輪投げ

輪投げをして、ビンゴを出したらお菓子のつかみ取り。ビンゴが出せなくても、全員にドリンクプレゼント!

■サッカー観戦力向上講座 SPECIAL LESSON!

サッカー解説者・金田喜稔氏をゲストに迎え、FIELDSの選手と試合観戦の楽しみ方、FIELDSの戦術や注目選手などを、試合開始30分前のホーム観客席でミニ解説します。
(企画協力:日本体育大学スポーツマネジメントサークル


一般社団法人日本サッカー名蹴会 会長 金田喜稔(KANEDA Nobutoshi)
1958年2⽉16⽇生まれ。広島県出身。中央⼤学2年⽣で⽇本代表に選出され、1977年6⽉に⾏われた⽇韓戦での代表初ゴールは、⽇本代表歴代最年少得点ゴール(19歳119⽇)として今も刻まれている。卒業後、⽇産⾃動⾞株式会社サッカー部(現・横浜F・マリノス)でもチームの中⼼選⼿として活躍し、国内タイトル7冠獲得に貢献。国際Aマッチ58試合出場。変幻⾃在のドリブルを得意とし、「キンタダンス」と呼ばれる独特のフェイントで世界の選⼿を驚愕させたテクニシャン。また、⽇本代表ではペレ、ベッケンバウアー、マラドーナ、ケンペス、クライフなど世界のスタープレイヤーと対戦した経歴をもつ。現役引退後は、サッカー教室の開催、サッカー⽇本代表戦(TBS系)の解説者をつとめるなど、サッカーの指導・普及活動にあたる。2010年、⽇本サッカー名蹴会 会⻑に就任。

■ハーフタイムショー

HACHI with BAMBIES ライブ!日体大FIELDS横浜の応援ソング「GO FOR THE VICTORY!」を会場の皆様と歌います。

■ファンサービス

試合終了後、15:15よりFIELDSの選手によるサイン会を開催します。関係者受付前へお越しください。
 

■オフィシャルグッズ販売

ユニフォーム型Tシャツ・タオルマフラー、キーホルダー(ガチャガチャ)などのオフィシャルグッズを販売します。
 

■日体大FIELDS横浜サポーターズクラブ入会受付

一般入場口にて入会受付・特典贈呈を行ないます。

日体大FIELDS横浜が主管のホーム戦では、社会人から日体大1年生まで、そして下部組織のU-18やU-15も含め、FIELDSのクラブメンバー全員が運営に携わっています。もちろんトップチームメンバーも、試合に出ないときは他のメンバーと一緒に運営を担当します。意外なところで推しメン(イチ推しのメンバー)に会えるかも?!ぜひ気軽に声をかけてください。

柏木 由美子

かしわぎゆみこ(編集長)
システムエンジニアを経て技術書籍や企業Webサイトの制作に従事。その後フリーランスに転向し、現在は兼業主婦としてIT企業を中心に取材・執筆を行う。地域活動として現在、通所介護(デイサービス)でのボランティアや、身近な自然をフィールドとしたイベントを企画運営する「かわもりあおば」、および定年退職後の地域参加をサポートする 「ボーイズクラブ」に参加。


スパイスアップの新着を通知する