メンズもこれからはエコバッグを使おう!横浜市青葉区の商店主有志が区長に「AO-BAG(アオバッグ)」進呈

まちの広告
3丁目カフェ

横浜市青葉区の商店主有志で結成したアオバッグ実行委員会が、2020年7月3日、同区の小澤区長を訪問。プラスチック製レジ袋の有料化に伴い7月1日から販売を開始したオリジナルエコバッグ「AO-BAG(アオバッグ)」を進呈し、コロナ禍で苦境にある商店への支援を要望しました。


アオバッグ実行委員会とお買い物ポーズをとる小澤横浜市青葉区長(左から3番目)

コロナ禍でいち早く「テイクアウト青葉区」「サキチケ」などの取り組みをしてきた横浜市青葉区の商店主有志。今回のアオバッグも、「AOBA BLUE LEAVES」をはじめ日頃から商店会の枠を越えて協力しあってきたこの地域ならではの取り組みです。

この日は実行委員会から5人が青葉区役所を訪問し、アオバッグを青葉区長らに進呈しました。

藤が丘商店会会長の外山さん(トヤマ時計眼鏡店)の代わりに来庁した汁ウィンも自己紹介(注:陳謝している写真ではありませぬ)

バッグ本体には、区内9つの駅名「たまプラーザ・あざみ野・江田・市が尾・藤が丘・青葉台・田奈・恩田・こどもの国」が記され、それぞれに「Think positive!」「Keep looking up」などの前向きなメッセージが添えられています。

市が尾商栄会の佐藤さん(眠りのお部屋)が店内のディスプレイを持参

「アオバッグなのに黒色?」と思った方、いませんか?(笑) その理由は、「エコバッグは女性向けのデザインが多いが、男性にもぜひ使ってもらいたい。黒は汚れも目立たないし、長く使ってもらえれば」とのこと。ビジネスバッグにコンパクトに収まり、バッグを折りたたんで収納する袋を縫い付け型にするなど、実行委員会のこだわりが詰まっています。

材質:ポリエステル
サイズ:W330×H380mm(広げた状態で/持ち手含まず)
W140×H105×D18mm 約20リットル(収納時)

同委員会代表の金子さん(金子石油店・ウチルカ)は、イベントのゴミを減らすべく NPO法人Waveよこはま でリユース食器をレンタルするなど、日頃から環境問題にも取り組んでいる方。今回のエコバッグ販売は、金子さんの発案をもとにメンバーが協力して実現させました。

アオバッグ実行委員会:左から小松礼次郎さん、汁ウィン、金子拓也さん(代表)、奥山誠さん、佐藤康行さん、藤崎浩太郎さん
青葉区役所:左から石井廣康資源化推進担当課長、鈴木昇地域振興課長、小澤明夫区長、岡田勇輔副区長、守屋大介総務課長

小澤区長は、アオバッグの企画そのものに加え、区内商店会の連携スピードにもいつも驚いているそうです。「素晴らしいものを頂戴した。これまでもテイクアウト青葉区やサキチケなど、他に先駆けて次々と素晴らしい企画で地域を盛り上げていただき、本当にありがたく思っています。区としても、できることはしていきます」と応えました。

すでにエコバッグを愛用している小澤区長。アオバッグを見て「なかなか丈夫そうですね」

アオバッグは880円(税別)。取扱店の一覧と地図は、公式ホームページで確認できます。

青葉区応援エコバッグ「AO-BAG(アオバッグ)」公式ホームページ

また、上記ホームページでは取扱店も募集しており、区内の店舗や事業所なら誰でも取扱店になれます。「飲食にかぎらず、いろいろなお店の売上につながれば」── 地元をこよなく愛する実行委員会メンバーの思いです。

たまプラーザ駅前通り商店会長であり、青葉区商店街連合会長でもある小松礼次郎さん(昭和調剤薬局)は、「区民まつりや区民マラソンなどこれまで商店会も一緒にやってきた区のイベントが中止になり、また再び陽性者が増えている現状もある中で、我々ができることは何か。ネットを活用した新しいイベントなど、青葉区さんとも連携しながら道を探りたい」と要望しました。

青葉区の産官が協力しあって取り組み、コロナ禍のニューノーマルを創り上げる取り組みに、今後も注目です。

また、奥山さん(青葉台ベーカリーカフェCOPPET)からは、横浜市青葉区で栽培した小麦を使った地産地消プロジェクト「横浜あおば小麦プロジェクト」の紹介もありました。小麦を使ったメニューを地域の各店舗で提供する現在の取り組みに加え、新たに地ビールをつくる企画が持ち上がっています。コロナの影響で進捗が遅れていましたが、秋にはお披露目できそうとのこと。こちらも楽しみです。

最後は、エコバッグを持って撮影。「お買い物帰りのメンズをイメージ」して、ポーズをとっていただきました。地元のお店の支援にもなるアオバッグ、ぜひ皆さんも購入して活用してください。

そしてやっぱり最後はみんなで「汁(しる)ウィンポーズ」。藤が丘の「汗(あせ)まつり」では、汗ウィンと一緒にきっとまた何かやらかしてくれることでしょう!

青葉区応援エコバッグ「AO-BAG(アオバッグ)」公式ホームページ

 

The following two tabs change content below.
柏木由美子

柏木由美子

かしわぎゆみこ(編集長) システムエンジニアを経て技術書籍や企業Webサイトの制作に従事。その後フリーランスに転向し、現在は兼業主婦としてIT企業を中心に取材・執筆を行う。地域活動として現在、通所介護(デイサービス)でのボランティアや、身近な自然をフィールドとしたイベントを企画運営する「かわもりあおば」、および定年退職後の地域参加をサポートする 「ボーイズクラブ」に参加。

地元のイベント・セミナー
  • 【アジャパ山の夕日はいつもオレンジ(Season 3)- Vol.10】ついに取り壊し作業開始、さらばユーセー

  • コロナ禍で子供の学びを止めないために─理科実験でYouTuber体験!

  • メンズもこれからはエコバッグを使おう!横浜市青葉区の商店主有志が区長に「AO-BAG(アオバッグ)」進呈


スパイスアップの新着を通知する