5/7(木)・5/21(木) オンライン『のびのび子育ておしゃべり会』ZOOMをします

まちの広告
嶮山開発

保育士のみえこです。

「ひとりで子育てしないで」を合言葉に
お母さんどうし、保育者もともに
手をとり合って育ち合ってきた、
青空保育ぺんぺんぐさ。

「外でどうやって遊んだらいいの?」
「公園に行ってもだれもいない」
「のびのび子育てをしたい親子と出会えない」
という声をうけて、

この8年間、この街の人たちにも、
おたがいさまの安心子育ての輪が広がったらと、
毎月かかさずに
あそぼう会とおしゃべり会を開いてきました。

あそぼう会のおなじみさんや
街でも声をかけてくれる人も増えたり、

小学校入学を目の前にもう一度と、
数年ぶりに来てくれたり、

きょうだいが生まれるたびに
来てくれる人もいたり、

ご近所マッチングが叶って、
あちこちの公園で自主的に遊び合う
小さなコミュニティが生まれたりしてきました。
 

そして、いま、
直接手をつなぐことがむずかしい、いま、

みなさん、子育ていかがですか?
ひとりで抱え込んでいませんか?
 

子育ては、ひとりだと
「苦行」になるほどくるしいです。

でも
だれかひとりでもそばにいたら、
子育ては
びっくりするほど世界を広げてくれます。
 

ZOOMという簡単な
オンライン会議システムをつかって、
育児相談をかねた
おしゃべり会に参加してみませんか。

直接会うことはむずかしいけれど、
ちょっとおしゃべりするだけでも、
おどろくほど心が軽くなります。

おしゃべり会のあと、
「子どもを3日は怒らなかった」
「夫婦げんかが減った」
という声があるくらいです。

外でお散歩のコツや
どんな楽しみ方があるかなども
お伝えしますよ。
 

はじめての方も、
お久しぶりの方も、
どうぞいらしてください。

●日時:5月7日・21日(木)10時から 10人まで
(人数が多い場合、2回にわけてやります)

●お申込みaoba.penpengusa@gmail.com
前日の9時までに①お名前②お子さんの月齢③お住まいの町名④あそぼう会へのだいたいの参加回数を書いて、お申込みください。回を分けるとき、お住まいの近い方を組み合わせます。

参加費:無料です。

ZOOMについて
ZOOMは比較的かんたんに複数人で同時にオンラインでおしゃべりでき、PCからもスマホからも使うことができます。
めんどうな気持ちになるかもしれないけれど、これからコロナウイルス対策のため、病院受診もオンラインが始まりますから、慣れておくと便利ですよ。
セキュリティの問題もニュースで取り上げられていましたが、パスワードや待合室ツール等の対策をとって開催します。

ZOOMの準備
○PCの場合は、http://zoom.us/test のテストミーティングに「参加する」ボタンを押すと、ZOOMのアプリケーションをインストールしておいてください。
○スマホの場合は、各OSのアプリストアより「zoomアプリ」をインストールしておいてください。
詳しくは、お申込み後にお伝えします。送られてきたID番号とパスワードを当日入力すると、比較的かんたんにおしゃべり会に参加できます。

行政からの補助なく運営している青空保育の経験をもとに行うおしゃべり会です。少しでもお気持ちをご寄付していただけると、うれしいです。

・少しのご負担でふるさと納税いただける「よこはま夢ファンド」→こちら
・Amazonギフト券でもかんたんにご寄付いただけます→こちら 
(100円からでも振込手数料がかかりません)
 送り先メールアドレス:aoba.penpengusa@gmail.com

NPO法人 青空保育ぺんぺんぐさ
ホームページ
Facebook
Instagram

The following two tabs change content below.
土井三恵子

土井三恵子

どいみえこ(NPO法人青空保育ぺんぺんぐさ 保育士/共同代表) 10年の田舎暮らしと2人の出産を経て、療育センター・里山保育を行う保育園を経験、そして横浜市青葉区のお母さんと青空保育を立ち上げ、8年目。現在保育スタッフ4人と親子20組でにぎやかにすごし、野山で土や水や草や虫と子どもたちとたわむれ、日々小さな発見に胸を躍らせる(ザリガニを見つけると急に真剣になって子どもと張り合ってしまう面も……)。保育士、幼稚園教諭免許、小学校教員免許、中学・高等学校理科教員免許。

地元のイベント・セミナー
  • #ソーシャルディスタンス

  • 【アジャパ山の夕日はいつもオレンジ(Season 3)- Vol.10】ついに取り壊し作業開始、さらばユーセー

  • コロナ禍で子供の学びを止めないために─理科実験でYouTuber体験!

  • メンズもこれからはエコバッグを使おう!横浜市青葉区の商店主有志が区長に「AO-BAG(アオバッグ)」進呈


スパイスアップの新着を通知する