地域デビューしたい人と地域で活動している団体との
マッチングイベント「男の地域貢献」が7月9日、
山内地区センターと大場地域ケアプラザの共催で開催されました。

そもそも、今まで地域に目を向けてこなかった人を対象にしたイベントですから、
どのくらい来てくれるんだろう?と、主催者でもないのに不安でしたが、
当日は21名が参加(中には女性も)。
主催者や傘下団体が協力して各方面へ呼びかけたそうです。

丸座になって先輩からの体験談やアドバイスを聞いたり、
11の地域団体のブースを1つずつ回って直接話を聞いたり、
最後は参加者と団体が一緒になってスタンディングの茶話会をしたり。
そのうちに少しずつ場も和んでいきました。

多くの参加者がブースを一通り回っていて、
団体の皆さんがとても丁寧に説明していたのが印象的です。

団体にとっても、参加者へのPRはもちろんのこと、
横のつながりを作ったり、参加者との会話からニーズを拾い出したりと、
副次的メリットがあったようです。

さあここで、いきなりお知らせ!

こうしたマッチングの会が、今度は毎月開かれます!
「ボーイズクラブ」と名前を新たに、8月から毎月第4木曜日15~17時、山内地区センター にて。

──自分を必要としてくれる団体が地域にある、
自分の団体を必要としてくれる人が地域にいる、
そんな思いを持った人たちが、ゆるーい雰囲気の中でゆるーくつながる場です。

ボーイズクラブは参加費無料、申込不要。
今回参加しなかった個人&団体ももちろんOK!
ちょっと茶話会へ行くつもりでお気軽にどうぞ♪
スパイスアップ編集部も、お茶菓子でも持って行こうかな。

8月の「ボーイズクラブ」は27日ですよー。
お問い合わせは下記へどうぞ。
山内地区センター 中島 045-901-8010
大場地域ケアプラザ 樋山 045-975-0200

先輩も体験談で言っていましたが、
好きなことをやるのが一番!でないと続きません。
それを見つけるためにもまずは参加。
青葉区の広報地区センター や 地域ケアプラザ のイベント情報は要チェックです。
直接施設へ行ってチラシを探したり、窓口で聞いてみたり。
あと、女性は情報に敏感でアンテナが高いですから、
奥様にきくのもいいと思います!
(実際「奥さんに勧められて講座に参加した」という話、ほんとよく聞きます)。

定年退職後、
昔の仕事仲間とゴルフへ行ったり、飲み会のために都内へ出かけたりするのも、
それほど長くは続かないそうです。暮らしの基盤を地元に持つという点でも
まずは地域のことを知るつもりで一歩踏み出してみませんか。

仕事とはまったく関係ない付き合いもけっこう楽しいですよ。
あ、
先輩も体験談で言っていましたが、サークル活動は女性が多め。
でも「女性の名前を覚えたり、挨拶したりするの苦手だ」
と不安に思う必要はありません。
これを機に、異性へも気軽に声を掛けてみましょう♪
仕事も性別も年齢もいっさい関係なし。
フラットでフランクな愉しい仲間をぜひ見つけてくださいね。

N01403

最後になりますが、簡単に今回の参加団体を簡単にご紹介。
話を聞いてみたい団体があればスパイスアップにご連絡いただいてもOKですよ。

青葉ボトルシップ愛好会(ABS)
夢とロマンをビンの中に閉じ込める、それがボトルシップ!ボトルシップを製作するほか、子ども教室の指導。7月25日(土)26日は小学生を対象にした「ボトルシップを作ろう」講座を開催します。

* あおばFPくらしの会
ファイナンシャルプランナー5名が、高齢者のくらしとお金に関する情報を生活者の立場と目線から提案。現在、青葉台コミュニティハウスで「大人の学習講座」開催中です。直近のイベントは こちら

* あざみ野健康体操
会社員時代のメタボから華麗なる転身!定年後に区の講座に参加したことをキッカケに地域とつながり、いろいろな活動を通じて今では手軽にできる健康体操「真向法(まっこうほう)」の教士になった北村さん。地区センターほかで教室を開講中です。

* 歌おうサークル
「健康&情熱」をテーマに活動する合唱サークル。最初は「テネシーワルツ」など、懐かしのポップスが中心で、初心者でも大丈夫なように1曲をゆっくり時間をかけて歌っていきます。それに慣れたら、「ミュージックパートナー」というサークルへのステップアップも。

* 銀のつどい・ゆる~りかふぇ
月に4回、体力づくり、陶芸・絵手紙・手芸・講話・演芸・ゲームなどのイベントを開催している「銀のつどい」。7月8月の予定は こちら。銀のつどいからスピンオフした団体も多く、「ゆる~りかふぇ」もその1つ。

Joy of Roses(JoR)
スパイスアップでは こちらの記事 でお馴染のグループですね♪荏子田太陽公園の「太陽ローズガーデン(愛称:バラがむすぶ小径)」をボランティアで維持・管理し、種類の異なる215株の美しいバラで地域住民を愉しませています。

たまプラーザちょい呑みフェスティバル実行委員会
たまプラーザのはしご酒イベントを運営しているグループ。春のちょい呑みは5月27日と28日に開催し、21店が参加、1,200名が利用しました。次回は10月20日と21日だそうですよ!

ダンボ青葉
ダンは「男性」、ボは「volunteer」から。福祉教育や障害者支援などをしている男性だけのボランティアグループです。「ボランティアなんてしたことなかった」という方も会員に多いとか。決して無理をしない、できる範囲での活動がモットー。

* 男の料理教室
メニューは和洋中、メンバーが好きなものなんでも!講師に基本から教わりながら、みんなで作って食べて、和気あいあい。「家でも食器の片付けができるようになった」と豪語するメンバーも。男性の「片付け下手」イメージ払拭に貢献!?

* 楽笑友の会
落語やマジック、腹話術など、出演者はアマチュアからセミプロまで年代も幅広く、会社員もいます。今年の新春寄席は山内地区センターの集会ホールを笑いで一杯にした実力派演芸集団。山内地区センターでの月一回の練習は見学自由!