【お知らせ】

【写真展】保護猫のいる猫カフェがたまプラーザで

2017年3月6日(月)、猫カフェ ブラン(横浜市青葉区荏田町)で「第2回シニアと猫のつどい」を開催します。

N10002のサムネイル
クリックでPDFが開きます。

猫カフェとは、店内に猫がたくさんいる喫茶店のこと。ちなみに、犬カフェは愛犬を連れて行ける喫茶店ですが、猫カフェは愛猫ではなくお店の猫に会える喫茶店です(笑)。お茶を飲みながらお店の猫達を眺めたり、直接触れ合ったりして、それはもう癒しの時間。

クイズ:この中に何匹いるでしょうか?

お店には常時10匹ほどの猫がいます。実はみんな、横浜市保健所 動物愛護センターから引き取った、飼い主のいない保護猫。このお店へ来て、永遠の家族が決まるまでの時間をのんびり過ごしています。それぞれの動きを見ていると、みんな個性があって、とーーーってもかわいいんです。

やんちゃなコたちは、いきなり遊び始めることも

当日は、猫部屋で30分間猫達とたわむれた後、カフェエリアからガラス越しに猫達を眺めつつ、お茶をいただきながらネコ話に花を咲かせます。
「猫カフェなんて行ったことない」という方も、この機会にどうぞ。ご家族連れも大歓迎です。
猫との写真をお撮りできますので、ぜひカメラやスマホをお持ちくださいね。

第1回のつどいでは、これをきっかけにご自身が猫写真を撮るようになり、教室でメキメキと腕を挙げていらっしゃる方も。私たちは、シニアの皆さんのいろんなきっかけになればいいなと思っています。

第1回の様子。猫たちがとても人慣れしているので皆さん驚いていました

皆様のご参加を猫一同お待ちしています。

「猫カフェ ブラン」店主 岡本久美江(おかもと・くみえ)さん

2006年から動物愛護のボランティア団体「ちばわん」で保護犬の預かりボランティアを開始。
2014年11月、青葉区荏田に保護猫の里親を探す譲渡型猫カフェ「カフェブラン」をオープン。
愛玩動物飼養管理士2級
川崎市多摩区在住。自宅に犬1匹と猫3匹が同居中。

e0401

<第2回シニアと猫のつどい>

■日 時:2017年3月6日(月) 13:30~15:00 ※お店の休日を利用し、本イベントで貸し切ります。
■場 所:猫カフェ ブラン(横浜市青葉区荏田町1150-40 白亜館2階)
    江田駅東口より 徒歩12分
    センター南駅より バス「富士塚」または「荏田高校前」下車 徒歩3分

■参加費:1,000円(飲み物付き)
■定 員:10名
■申込み:チラシに記載の電話番号へ。